レカネマブ(レケンビ@点滴静注)当院での取り扱いについて

レカネマブ(レケンビ®)取り扱い開始について

新たに承認された医薬品レカネマブ(レケンビ®)につきまして、当院での取り扱いを開始いたしました。本薬剤はアルツハイマー病による軽度認知障害あるいは軽度のアルツハイマー型認知症の方が対象となります。使用にあたりましては厚生労働省「最適使用推進ガイドライン」に基づき様々な検査を行い適応を判断していきます。

【治療をご希望の方およびその関係者の皆様

本薬剤は2週間毎の点滴やMRI検査など頻回な通院が必要となるため、当院では原則、お住まいの地域の医療機関での治療をお勧めしております。

お住まいの地域で本薬剤を扱っておられる医療機関がわからない場合は下記にお問い合わせください。

茨城県保健医療部健康推進課 地域包括ケア推進室 認知症対策担当 

電話:029-301-3333

【患者様をご紹介いただける医療機関の皆様】

本薬剤の治療をご希望の患者様がおられましたら、以下の点にご留意いただきご紹介いただけますようお願いいたします。

・MMSEが22点以上であること

・MRIの撮像が可能なこと

・1年以内に脳卒中の既往がないこと

・2週間毎に1時間かけての点滴治療およびMRI検査等で頻回な来院が可能であること

・経過観察が適切に行える同居の介護者(施設入所者は施設職員でも可)がいること

・当院に1時間以内に来院できる距離に患者様が居住していること(原則、お住まいの医療圏での投与をお願いしております。条件を満たしていてもそちらの施設をお勧めすることもございます)

当センターではレカネマブをご希望の患者様をご紹介いただく際にご使用いただく専用の書式をご用意しております。ご紹介いただく際はこちらをご使用頂けましたら幸いです。(下記に診療情報提供書と治療および検査に関する説明同意書の書式がございますのでご活用ください)

レカネマブ初回依頼用 診療情報提供書 書式

レカネマブ治療および検査に関する説明同意書 書式

何卒よろしくお願い申し上げます。

筑波大学附属病院 認知症疾患医療センター センター部長 新井哲明